• ・商品は、すべて正規品で正規保証付き。
  • ・送料は、総額1万円以上のお買い上げで無料。
  • ・お支払いは、クレジットカード(Visa,Master,Diners,AmazonPay)、銀行振込に対応。
  •  *請求書払いご希望の方は、お問い合わせよりその旨ご連絡ください。
  • ・販売商品の発送は、通常注文翌営業日もしくは翌々営業日。
  • ・商品購入後も、使用方法等のサポートを受け付け。お問い合わせよりお気軽に!

GeoBox M803 エッジブレンディングプロセッサー

M800シリーズは、4K/60P入力に対応したエッジブレンディングプロセッサーです。M801(1出力)、M802(2出力)、M803(3出力)、M804(4出力)の4機種をラインナップ。ハードウェアによるエッジブレンディング、幾何学補正を駆使し、あらゆるプロジェクターでシームレスなマルチプロジェクションを実現します。

【製品の特徴】
------------------------------------------------------
・幾何学ひずみ補正
<ポイント補正・リニアリティ補正>
投写エリアに幾何学補正の起点となるポイントを表示させ補正することができます。本機のみで設定する場合は最大45点(9×5)、専用ソフトウェアのGWarp3併用する場合は最大289点(17×17)まで補正ポイント数を増やし、点を起点とする幾何学補正でフラットではないスクリーンへの投写を実現します。また、直線的に調整するリニアリティ補正にも対応します。水平または垂直方向のポイントを一括で選択し、線を起点とする幾何学補正で時短を実現します。

・コーナー補正
隅角部の壁面に対して、プロジェクター1台で投写を実現します。
※コーナー補正が有効な場合は、幾何学補正(ポイント&リニアリティ補正値)は無効になります。

・エッジブレンディング(N入力N出力)
複数のプロジェクターが投写して重なるエリア(オーバーラップエリア)の光量を水平・垂直方向に調整し、継ぎ目のないマルチプロジェクションを実現します。

・エッジブレンディング(1入力N出力)
GeoBoxのマルチディスプレイ機能を使って1入力ソースの映像を切り出しマルチスクリーンへ投写できます。この時、各チャンネルに同じ映像ソースを入力する必要があるため、別途映像分配器が必要です。但し、1系統のHDMI入力信号に限りHDMIループアウト端子と別チャンネルHDMI入力端子をHDMIケーブルで接続するだけで、マルチスクリーンへ投写できます。このケースでは、本機でオーバーラップエリアを生成できます

・ブラックレベル補正
オーバーラップエリアでは、プロジェクターの光が重なり合うため、非オーバーラップエリアのブラックに比べ、僅かにグレー(ブラックが薄くなる)となります。本機のブラックレベル補正は、非オーバーラップエリアのブラックレベルをオーバーラップエリアのグレーに近づけることができる機能です。

・RGB個別ガンマ補正
ブレンディングエリアのRGBガンマをR・G・B個別に補正することができます。

・多様な画面レイアウト
各種機能(幾何学補正・オーバーラップ・PinP)を駆使し、4K x 1K、1080pセンターへのブレンディング投写、突き合わせて2画面同時投写(ピクチャーバイピクチャー)、PinP投写することができます。

・4K/60P(4:4:4)入力
3840×2160@60p(RGB/YUV4:4:4)、4096×2160@60p、3840×2400@60pの4K映像コンテンツ入力に対応

・HDCP2.2/HDCP1.4対応
HDCP2.2のUltra HD 4Kコンテンツ、従来のHDCP1.4コンテンツの再生にも対応します。

・HDR(ハイダイナミックレンジ)
超高画質技術HDR10(ハイダイナミックレンジ)信号の入力に対応しダイナミックレンジを向上させた質感豊かな映像の伝送を実現します。
※HDR10の入力はフロントエンドプロセッサでSDRに変換します。

・スケーリング出力
16:9(1080p、720p)、16:10(1920×1200、1280×800)など主要な解像度にスケリーング出力設定が可能です。

・EDIDカスタマイズ
水平1024〜3840、垂直720〜2400の
範囲でEDIDのカスタマイズが可能です。
※ソース機器のGPU仕様や機能制限がある場合、設定したEDIDが反映されないことがあります。

・多彩な外部制御
リモコン、RS-232、USB、ネットワーク経由による外部制御が可能です。


【主な機能】
------------------------------------------------------
・幾何学補正機能

・コーナー補正

・ブラックレベル補正
非オーバーラップエリアのブラックレベルをオーバーラップエリアのグレーに近づけることができる機能です。

・RGB個別ガンマ調整
ブレンディングエリアのRGBガンマをR・G・B個別に補正することができます。

・入力画像の分割出力機能(マルチディスプレイ機能)
本機に入力した画像を縦横最大15分割して、任意の部分を出力することができます。

・回転表示
出力先ごとにオリジナル映像の回転が可能
※4K/60P入力時は非対応

・反転表示
出力先ごとにオリジナル映像の反転(左右、上下、左右+上下)表示が可能
※4K/60P入力時は非対応

・プロファイルのメモリー機能
最大5通りのプロファイル(設定情報)の保存と呼び出しが可能です。

・ベゼル補正
ディスプレイのベゼル幅によって生じる画面のズレを水平・垂直方向に補正します。

・オーバーラップの映像生成
複数のプロジェクターでマルチ画面を投写する場合は、重ね合わせ部分に入力した映像を生成できます。

・拡大/縮小表示
入力画像のアスペクト比を維持して、拡大/縮小することができます。

・フレームロック
フレームロック機能を搭載し、HDMI出力1〜HDMI出力4は同期出力します。同シリーズ(M801、M802、M803、M804)及びG800シリーズ(G802、G804)と組み合わせた場合でも同様に同期出力を実現します。

・専用ソフトウェア GWarp3
専用アプリケーションソフト 「GWarp3」をインストールしたパソコンからUSBまたはネットワーク経由で、高度な幾何学補正の設定が可能です。合わせてジオメトリの設定値をデータファイルとしてパソコンに保存することができます。また、本機の各種設定・リブート・IN/OUTのリアルタイムステータス監視、設定値の保存・呼び出し、ファームウェアのアップデートを行うことができます。


詳しくは、ジャパンマテリアル株式会社ホームページ
型番 M803
販売価格
460,000円(税抜)
購入数